登録販売者の勉強方法

登録販売者 勉強方法

 

登録販売者の試験は都道府県ごとに年1回実施されます。受験のチャンスは多くないので、せっかく学ぶなら一発合格を目指したいですよね!

 

一発合格のコツは、

 

  • 試験までのスケジュール設定
  • 勉強時間の確保
  • テキスト&問題集選び

 

の3つ。働きながら勉強する方も多いかと思います。少ない時間でいかに効率良く学習を進められるかがポイント!

 

学習を進める3つのポイントを解説

試験本番までのスケジュール設定

登録販売者 勉強方法 スケジュール

 

登録販売者の勉強期間は3〜6ヶ月と言われています。スケジュールを組むなら

 

  1. 最初の2〜3ヶ月でテキスト全体を把握
  2. 試験1〜2ヶ月前から過去問で訓練
  3. 苦手な項目は本番までに克服していく
  4. 試験直前〜前日は暗記で追い込み

 

の順で大雑把にスケジュールを組みましょう。

 

試験本番から逆算する

最初はまず、試験範囲全体の流れを把握します。この期間をどれだけ取れるかは、試験本番までの残り日数で変わります。全国の試験日程を確認しながら、余裕を持った準備を進めましょう。

 

勉強しながら一つ一つの項目で暗記するクセを付け、スキマ時間で単語帳を使って復習すると効率的です。テキストはむやみに増やさなくて大丈夫ですが、過去問は複数用意しましょう。

 

勉強時間の確保

登録販売者 勉強時間

 

登録販売者の総勉強時間の目安は150〜200時間と言われています。例えば150時間の学習を4ヶ月間に振り分けるとすると、

 

150時間÷120日=1日1.25時間

 

1.25時間、すなわち毎日75分の勉強を積み重ねることになります。社会人なら通勤中や帰宅後、学生さんや主婦の方であればスキマ時間を見つけての学習になるでしょう。

 

学習時間はバラけさせず1回に集中してやるのが効率的。そのためには環境づくりが大切です!テレビ・スマホは視界に入らないようにして、集中して机に向かいましょう。

 

テキストと問題集の選び方

登録販売者 勉強 テキスト 問題集

 

テキストは1冊に絞ったほうが効率的

何冊もあると調べるのに時間がかかり、メモ書きもどこにやったか分からなくなります。少し高額でも情報量の多いテキストを選びましょう。

 

問題集は多めに準備

特に過去問は最低でも過去3年分、時間があれば過去5年分こなせれば理想的でしょう。

 

テキスト・問題集の選び方が分からないときは、講座を利用するのもおすすめ。テキスト・過去問・模試選びに迷う必要がなく、カリキュラムも決まった期間で組まれています。

 

実際に学習を進めるにあたって

 

苦手科目は集中的に学ぶ

登録販売者の試験は5つの章に分かれています。全体の点数が良くても各章どれか一つでも合格ライン(正答率35〜40%)を下回ると不合格となるので、苦手分野は本番までに克服しましょう。

 

口コミに惑わされない

ネット掲示板やYahoo!知恵袋には

 

「問題集1冊で合格した」
「ちょっとの暗記で受かる簡単な資格」

 

という口コミ投稿が見られます。実際に短時間で合格した人もいるのかもしれませんが、公的資格だけに簡単なものではありません。他人の投稿に惑わされす、『あなたのペース』で学習することを心掛けてくださいね。

 

勉強方法別メリット・デメリット

登録販売者 勉強方法 独学 通信 スクール

 

登録販売者をはじめとした資格試験は、勉強方法をざっくり分けると

 

  • 独学
  • 通信講座
  • スクール通学

 

の3つに分かれます。

 

それぞれメリット・デメリットがあるので、あなたにピッタリの学習方法を探っていきましょう。

 

費用を安く抑えられるのは?

登録販売者 勉強方法 費用

登録販売者 勉強方法 費用

登録販売者 勉強方法 費用

登録販売者 勉強方法 費用

登録販売者 勉強方法 費用

登録販売者 勉強方法 費用

 

独学ならテキスト+問題集で、1万円程度で学費を抑えられます。通信講座はテキスト・問題集・講義DVDなどがセットで3〜5万円ほど。スクールは短期講座なら6〜8万円、2年間の専門学校なら80〜100万円程度。さらに通学のための交通費がかかります。

 

学習スケジュールが組みやすいのは?

登録販売者 勉強方法 スケジュール

登録販売者 勉強方法 スケジュール

登録販売者 勉強方法 スケジュール

登録販売者 勉強方法 スケジュール

登録販売者 勉強方法 スケジュール

登録販売者 勉強方法 スケジュール

 

通信講座やスクールはカリキュラム期間が決まっています。学習スケジュールはそれに沿って進めるので、迷うことはないでしょう。独学の場合は覚える期間・過去問をやる期間などすべて自分で決めなければならず、自己管理能力が求められます。

 

初心者が学びやすいのは?

登録販売者 勉強方法 初心者

登録販売者 勉強方法 初心者

登録販売者 勉強方法 初心者

登録販売者 勉強方法 初心者

登録販売者 勉強方法 初心者

登録販売者 勉強方法 初心者

 

講師から教わるのが望ましいですが、通う手間を考えれば通信講座が一番取っ付きやすいでしょう。初心者を想定している通信講座も多数あります。独学は『どこから始めればいいか分からない』という人には向きません。

 

自分のペースで学びやすいのは?

登録販売者 勉強方法 学びやすい

登録販売者 勉強方法 学びやすい

登録販売者 勉強方法 学びやすい

登録販売者 勉強方法 学びやすい

登録販売者 勉強方法 学びやすい

登録販売者 勉強方法 学びやすい

 

独学や通信講座は自宅学習ができます。時間に縛られないので、昼でも夜でも好きな時間に勉強できるでしょう。ドラッグストア勤務で、就業時間が不規則な人は自宅学習をおすすめします。

 

苦手科目を無くすなら?

登録販売者 勉強方法 苦手

登録販売者 勉強方法 苦手

登録販売者 勉強方法 苦手

登録販売者 勉強方法 苦手

登録販売者 勉強方法 苦手

登録販売者 勉強方法 苦手

 

登録販売者試験は科目ごとの足切りラインがあるので、苦手を無くすのはとても大切。講師から直接教わるスクールなら、つまづいた点もその場で質問できます。通信講座でもメールやはがきによる添削サポートシステムがあります。

 

 

一発合格のおすすめは通信講座

登録販売者 勉強方法 通信

 

登録販売者の試験は、地域ごとに年1回しかありません。しかも受験料は1万円を超えます。試験に落ちて毎年勉強して、受験料を払って…というのは、お金も時間ももったいないですよね。

 

確実に一発合格を目指す人には、通信講座をおすすめします。

 

  • 仕事と両立しながら勉強できる
  • カリキュラムに沿って学ぶのでモレがない
  • 過去問・実力テストが充実している

 

などメリットがたくさんあります。独学に比べると費用はやや高くつきますが、時間と効率をお金で買っていると考えれば決して高額ではないはず。一発合格すれば受験料も1回で済みます。

 

通信講座は本申込みの前に『資料請求』をして内容をチェックすることができます。資料は無料で取り寄せられるので、自分に合った講座を見つけてみてくださいね。

 

▼登録販売者を目指す講座一覧▼

登録販売者 勉強方法 ボタン

 

 

>> 登録販売者資格ガイド  TOP

登録販売者の勉強方法|一発合格のコツは勉強時間とテキスト選び!記事一覧

登録販売者 社会人 働きながら

社会人で登録販売者の資格を目指す人の多くは、ドラッグストア勤務の方ではないでしょうか。特に正社員で入った方は『店長になるための登竜門』となっていることと思います。とはいえ仕事終わりに勉強するのはハードルが高いですよね。経験のある方なら尚更その辛さを理解しているはず。疲れてるし、眠いし、明日の準備はあるし…では忙しい社会人はどう勉強していくべきでしょうか?登録販売者資格に必要な勉強時間はトータル15...

登録販売者 アプリ学習

スマートフォンをお持ちの方は、Google Playから登録販売者の試験対策アプリをダウンロードすることができます。有料のものと無料のものがありますが、無料のもの…暗記や反復学習用有料のもの…過去問・問題集の訓練用と使い分けると良いでしょう。スマホアプリなら電車通勤や休憩中でもサッと取り出してみることができます。スキマ時間の有効活用に役立ててくださいね!【無料で使える】登録販売者の勉強アプリ5選1...